she

I heard she was calling me but turned out to be just a dream

When I woke up that morning I already knew her

Then I saw her at my favorite bar, is this fate?

I was wondering... I'm still wondering

 

First her eyes met mine

Then I looked down at my glass of scotch

calming down myself and took a drink and looked in her eyes

Had a small talk for a while

I wished I could've stopped the time

My heart stopped beating when I saw her smiled

 

Feeling so alone, like never before,

in my room on my own

As always I turn radio on, the same routine

But nothing feels the same as yesterday

No I just want to

see her smiles that healed my pain

hear her voice that melted my brain

The moment comes back to my mind like unrealistic memories

It feels like kind of weird

But I feel a kind of fear

I can't live no more if she wouldn't be next to me

 

I've met her just one time, it sounds loopy

But I bet this is one last chance to me

After I found her, I feel something filled the hole inside me

and it makes me sure I got last piece

But at the same time now I'm so scared

Would I really get a girl like her

If I was more handsome, if I had more money,

too many If are circling in my head as if they are making fun of me

I'm a little bit upset by them

I hear the voice she wouldn't match me, no chance, my own voice

Nine glasses of whiskey don't help, they let me down today

What the hell am I doing, am I just a complete jerk?

From now I quite stupid-thinking

I already know what I've got to do I should've known all along

 

Some say people live to love

If I understand it someday, it would be her I believe

'cause my heart told me

I'd do anything to get her

I'm nothing but I've made up my mind I'll never give up like I've ever done

I'm going to see her

The only hope is she said she would come again that day

I'm going to see her

I have a hunch I'll see her again in that bar that I met her

 

I believe in what my heart tells me...

I believe in my heart, I'm ready

 

 

 

彼女が呼んでいるのが聞こえたけど 夢だったようだ

その朝起きたときにはもう彼女を知っていた

いつものバーで彼女を見つけた こういうのが運命なのか

想いを巡らせていた 今でも変わらず

 

まず彼女と目が合った

心を落ち着かせながらスコッチに視線を落として

一口飲んで彼女の目を見た

しばらくの間他愛もない話をして

時間が止まることを願った

彼女が笑うたびに鼓動が止まったんだ

 

 

やたらと寂しさを感じる 今まで無かったくらいに

僕は部屋でただ一人

いつものようにラジオをつけ おきまりの日常

でも何一つとして昨日と同じには感じられない

僕の痛みを癒した彼女の笑顔が見たい

僕の脳を溶かした彼女の声が聞きたい

あの瞬間が脳裏に戻ってくる まるで存在しない記憶のように

変かもしれないけど

恐れにも似たものを感じる

彼女なしではもう生きられないだろう

 

 

確かに一度会っただけ 多少イカれてるように聞こえるけど

これが人生最後のチャンスだと賭けているんだ

彼女に会ってから何かが心の穴を埋めてくれた

最後のピースを見つけたと確信したんだ

同時にひどく怖くもある

彼女のようなひとを手に入れられるだろうか

もっと男前だったら もっと金を持っていれば

あまりにたくさんの「もしも」がキリなく頭の中を回って

僕をバカにしているようだ

少し頭がめちゃくちゃになってきてる

声が聞こえる 彼女は僕には釣り合わないと 僕自身の声

9杯のウイスキーも何の助けにもならない 今日はむしろ余計に落ち込む

いったい僕はなにをしているんだ? 完全なバカなのか

もうばかげた考え事はやめにする

もうやるべきことはわかっている ずっとわかっていたはずだ

 

 

人は愛に生きると言う

いつかそれが理解できる日が来たなら それは彼女だろう

心が教えてくれたんだ

彼女を手に入れるためなら何でもする

僕には何もない けど決めたんだ

もう今までのように諦めることはしないと

彼女に会いに行く

唯一の望みはあの日 また来ると彼女が言っていたこと

彼女に会いに行く

またあそこで会える気がするんだ

 

心の声を信じる

信じている 準備はできている